HOME » 無駄な時間はもういらない 快適な移動でハワイを満喫する方法 » 日本語しか話せない場合はどうするのか

日本語しか話せない場合はどうするのか

英語が話せなくても大丈夫?

ハワイでレンタカーを借りようと計画を立てていて「英語が話せなくても大丈夫?」と考えている方もいるでしょう。

英語が堪能な方は問題ありませんが、日本語しか話せない場合はとても心配になる問題です。

日本でレンタカーを予約したけど現地の受け取りで「日本語が通じない」なんてことも。事前に日本語対応可能なレンタカー会社を調べておくことをおすすめします。

日本語対応が可能なレンタカー会社

ワイキキ

日本で予約ができても現地で日本語が通じなければ、車を借りるのにも時間がかかってしまいハワイを満喫する前に疲れてしまいます。

こちらでは、日本語対応が可能なレンタカー会社を紹介。ぜひレンタル会社を選ぶための参考にしてください。

ニッポンレンタカー

日本でもおなじみのレンタカー・カーリース事業のブランド。

スタッフ全員が日本人ですので、現地でレンタカーを借りたい場合も安心です。

現地での事故や故障といったトラブルの際も、日本語で対応してくれます。

ダラーレンタカー

手続き全てを日本語で行えるサービスカウンターがホノルル空港の営業所にあります。

24時間日本語サービスがあるので事故や故障の際も安心。

ロードサービスは有料ですが、ガス欠やタイヤ交換などのトラブルに対応してくれます。

ホノルルオートレンタル

日本人経営のレンタル会社です。

スタッフ全員が日本語を話せますので、予約から返却まで全てを日本語で対応。

ハワイが初めてで希望する方には運転教習も行っています。

ジャストレンタカー

日本人スタッフがサポートをしているジャストレンタカー。

ワイキキ・アラモアナ周辺のホテルに、無料でレンタカーを配送するデリバリーシステムが導入されています。

返却がホテルでできるのも特徴です。

アラモレンタカー

日本語自動チェックインシステムがありますので、英語が苦手な方や急ぎの方にピッタリです。

24時間体制で日本人のオペレーターが対応する日本語ホットラインで、事故や故障時・道に迷った場合も安心できます。

バジェットレンタカー

ハワイ全土に営業所があるバジェットレンタカーは、日本語のホームページや日本語対応のフリーダイヤルなど日本語のサービスが満載です。

ハワイでのトラブルの際も日本語ヘルプラインが用意されています。

レンタカー会社での失敗談

日本語対応していない会社でレンタカーを借りたことによるトラブルがあります。

英語を話せる方ならほとんど問題ありませんが日本語しか話せない、英語を少ししか話せない方は料金が余計にかさむ、希望のレンタカーが借りられないなんてことも。

レンタカーを借りるためには事前の下調べが大切です。

日本語ができるスタッフがおらず苦手な英語で対応することに…

レンタカーを借りるため営業所を訪れましたが、日本語対応できるスタッフがいませんでした。

私は英語が苦手だったのですが、片言の英語と身振り手振りでどうにか車を借りることに成功。

後ほど知りましたが、私がいった営業所は日本人がいない場所だったみたいです。

ちゃんと事前に調べておけば苦労しなかったのにと思いました。

英語が苦手な方がレンタカーを借りようとしても、内容を理解できなければ損をしてしまうことが多くなります。

保険の重複をしてしまい金額がかさんでしまったなんて声も。

英語が堪能な方でない限り日本人が対応してくれる、もしくは日本語対応が可能なレンタカー会社を選択するべきでしょう。

ハワイのレンタカー利用には日本語ガイドという方法も!

車内

レンタカーを借りる際に、現地で日本語窓口がある場合は安心ですが、日本語デスクが無い会社を利用する場合、カタコトの英語で切り抜けるしか方法はないのでしょうか?

そういった場合には日本語ガイドを依頼するのがオススメです。

現地在住の日本語ガイドの方に発注すれば、レンタカーを借りる際の煩雑な手続きはもちろんのこと、行きたい場所やコースを事前にコーディネートしてくれたり、空港でのお迎えからレンタカー会社への案内、ホテルのチェックインなどトータルでサポートしてくれることも可能です。

さらに、今現地でホットなエリア、危険情報のアドバイスももらえるので、レンタカーでの旅が何倍も充実したものになりますよ!

空港でお出迎えしてくれて安心

日本語ガイドをお願いすることで、飛行機の到着場所からレンタカー会社までスムーズに移動できるのが安心です。

何時間もの時差のある場所へ飛行機の長旅で到着した際は当然疲れていますよね。

そんな時に、人混みをかき分けてお目当てのレンタカー会社のカウンターを目指すのは想像以上に大変なこと。さらに旅行の大荷物を持っている状況であればなおさらです。

そんな時に、空港の到着ロビーで日本語が通じるガイドさんが待っていてくれるというのはとても心強いもの。

大荷物を持ってレンタカー会社の手続き場所まで案内してくれるので安心です。

日本語対応デスクの順番を待たなくても良い

ハワイを訪れる日本人観光客はとても多く、レンタカーを利用する日本人観光客も非常に多いのが現状です。

そんな中で、空港で到着してから日本語対応デスクがあくまで順番待ちをするのは体力的にも大変ですし、せっかくの旅行の時間が削られるのも残念なもの。

その点日本語ガイドをお願いしておけば、現地のスタッフでも対応してもらえますし、何より旅行のプロが付いているの全てがスムーズに進みます。

日本語ができるスタッフと話していても色々と手続きが必要なので、それを全てお任せできるというのも日本語ガイドが付けた時の大きなメリットです。

事前にルートや行き先を相談できる

「レンタカーで旅して自由気ままにハワイの風を感じたい!」そんな素敵な希望を持つ方がまずぶつかる壁が、車で目的地をめぐるルート作りではないでしょうか?

大まかに行きたい場所がいくつかあっても、その間をどのような順番で進むのがスムーズなのか、日本から自分で調べてから行くのは中々大変なものです。

その点、現地の日本語ガイドに依頼すれば、旅行の前からあらかじめ、行きたい場所や、好きなもの、食べたいもの、買いたいものを伝えることで、事前にあなただけのルートを作るお手伝いをしてもらえます。

その上、現地ガイドしか知らないドライブスポットや、今地元で人気のあるローカルフード、写真映えするスポットなど、車での旅を最大限に楽しむ情報をもらうことができるのも大きなメリットです。

日本語ガイドに依頼することでリスク管理も!

車での旅は心配なこともたくさんあります。どのくらいガソリンを入れておけばいいのか?

危険なスポットはどこ?渋滞が起きやすい場所や、日本人が間違いやすい標識など、事前に自分でリサーチした上でも、現地で日本語できちんと説明を受けることで、重大な事故を回避することにつながります。

運転をお願いすることも可能

現地在住の日本人ガイドに依頼すれば、レンタカーで運転してもらうことも可能です。全ての行程ではなくても、例えば空港で借りてホテルまでなど、その状況に応じて運転してもらうこともできます。

最初だけ運転してもらいながらハワイの道の様子を観察できるのも大きなメリット。

また、ホテルまで運転してもらってチェックインまでしてもらうこともできるのでそういったことに自信がない方でも安心です。

でも旅行中は家族だけ・友人だけで過ごしたい

煩雑な手続きやルートのアドバイスや情報は欲しいけれど、旅行中は気のおけない友人や恋人、家族とだけで過ごしたい、という方も多いでしょう。

そういう方も大丈夫です。必要な時だけガイドを依頼し、それ以外の時には自分たちだけで運転も何もかも行うことも可能。

プライベートガイドとは、あなたの旅の必要な時にだけ助けてくれるとても便利な存在です。

万が一の時にも頼れる

もしもあなたがハワイで事故を起こしてしまったり、巻き込まれてしまった時に、ハワイ在住で日本語が話せて、面識のある人が現地に居るのと居ないのでは大きな違いがあるように感じるのではないでしょうか?

空港でのレンタカーの手続きやホテルのチェックインをお願いして一旦解散しても、万が一の時に相談に乗ってもらえる相手がいるというのもハワイでのレンタカーで日本語ガイドを依頼する大きなメリットの一つです。

日本語対応のハワイレンタカー

予約サイトおすすめ3選

ハワイでレンタカーを借りるなら? おすすめ比較サイト3選はこちら
ハワイでレンタカーを借りるなら?おすすめ比較サイト3選
TOP