HOME » 無駄な時間はもういらない 快適な移動でハワイを満喫する方法 » 知って得する ハワイの運転マナー

知って得する ハワイの運転マナー

ハワイでレンタカーを利用する際に覚えておきたい、運転マナーについて解説しています。

知っておきたいハワイの運転マナーガイド

ハワイでレンタカーを運転する際、覚えておきたいマナーやルールなどをまとめました。日本とは異なる点も多いため、事前にしっかり知識を頭に入れておくとスムーズなドライブを楽しめますよ。

ハワイの運転は右側通行

ハワイでレンタカーを運転する際、まず基本的な知識として「右側通行」であるということ。日本とは反対なので、最初は戸惑うかもしれません。まっすぐに走る分にはよいのですが、注意したいのは右折・左折の感覚。日本人はつい左車線に入ってしまいがちなので、運転席の左側にセンターラインが来るように走るよう心がけましょう。人によっては、ハンドルのところに「右側通行、センターラインは左」というメモを貼る人もいるようですよ。

右側通行であること以外は、日本での運転とほとんど感覚は同じです。運転するうちに徐々に慣れていきますので、スピードや車線に気を付けつつ、慎重にドライブを楽しみましょう。

道路標識について

当然のことですが、ハワイの道路標識は日本のものとは異なります。ここでは主に覚えておきたい道路標識をご紹介していきます。

“LEFT TURN ON LEFT ARROW ONLY”

直進信号が青で対向車がない場合でも、左折信号が赤なら左折禁止。

“NO LEFT TURN”

左折禁止、もしくは時間制限による左折禁止。

“NO TURN ON RED”

赤信号時右折禁止。

“DO NOT PASS”

追い越し禁止。

“STOP”

一時停止。その下に4way・3wayといった文字がある場合は、交差点に入るすべての車両が一時停止し、先に停止した車から発進できるという意味です。

“AFTER STOP RIGHT TURN PERMITTED ON RED”

右折前に一旦停止、安全が確認できれば赤信号で右折可能。

“ONE WAY”

一方通行入口。

“DO NOT ENTER”

一方通行出口。

マイル表示

速度表示はマイルで表示されています。1マイルは1.6キロで、市街地での制限速度は時速15~25マイル(約24~40キロ)。郊外の一般道は35マイル(約56キロ)が基準となっています。車のスピードメーターもマイル表示なので、キロ表示と間違えないようにしましょう。

運転免許について

ハワイのレンタカーは、日本の運転免許証のみで借りることができます。ただ、駐車違反・スピード違反・交通事故といったトラブルが起きた際、日本の運転免許証だけだと対応が遅れることがあるので要注意(ハワイの警察官が日本語を読めないため)。万が一に備えて、できれば国際免許証を取得しておくと良いでしょう。

国際免許証は、日本の運転免許証があれば簡単に取得できます。発行手数料(2,650円)と印鑑(認印可)を持ち、各都道府県の警察署・運転免許センター・運転免許試験場で申請を行えばOK。警察署以外であれば、即日発行してもらえます。ちなみに、国際免許証の有効期限は1年間となっています。

こんな時はどうする?ハワイの常識

ハワイにおける交通ルールの常識についてまとめました。

黄色いスクールバスを見たら注意

黄色い大型車はスクールバスです。赤のライトが点滅している間は生徒が乗り降りを行っているため、必ず一時停止して待つようにしましょう。自分が走っている車線だけでなく、対向車線にスクールバスがいる場合も同様です。

歩行者に気を付けよう

ハワイにはクロスウォーク法という法律があり、道路は歩行者が優先。歩行者が横断歩道を渡っている場合、ドライバーは「歩行者が横断歩道の中央を過ぎるまでは停止しなければならない」という義務があります。違反すると$150~1,000の罰金が課せられるので要注意。

事故にあったら

交通事故が起きたら落ち着いて対応することが大事。安全を確保したら911に電話をして警察・救急車を呼ぶと同時に、レンタカー会社にも連絡を入れるようにします。レンタカー会社では日本語のオペレーターが対応してくれる場合もあるので、事前にサービスを確認しておくと安心です。ちなみに人身事故の場合、「sorry」などと先に言ってしまうと後で交渉が不利になることもあるため、くれぐれも気を付けて。

ハワイでレンタカーを借りるなら? おすすめ比較サイト3選はこちら
ハワイでレンタカーを借りるなら?おすすめ比較サイト3選
TOP