HOME » 貴方の不安を取り除く ハワイで初めてのレンタカーご利用ガイド » レンタカーを借りてから返すまで

レンタカーを借りてから返すまで

ハワイでのレンタカーの借り方・返し方を、順を追って詳しく説明しています。

ハワイでのレンタカーの借り方ガイド

ハワイでの移動には、断然レンタカーがあった方が便利!こちらでは、ハワイで初めてレンタカーを利用しようと思っている方のために、借り方・返し方を1から詳しくご紹介しています。

ハワイでレンタカーを借りるには特別な手続きは必要なく、日本の運転免許証があればOK。手続きの流れについても日本国内とほとんど変わりませんので、あまり難しく考えなくて大丈夫ですよ。

1.予約

ハワイに着いてからでもレンタカーを借りることはできますが、オンシーズンの場合は予約でいっぱいになっていることも多いため、借りられる車がない・希望の車種がないといったケースもしばしば。こういったトラブルを避けるためにも、あらかじめ日本で予約を済ませておくと良いでしょう。日本から予約した方が、保険などがすべて込みになったパックプランも多くてお得です。

2.出発時の手続き

予約が完了したら、レンタカー会社から送られてくるバウチャー(予約確認書)を印刷しておきます。現地の手続きで必要なものは、このバウチャーと日本の運転免許証・国際免許証(持っている場合)・クレジットカード・パスポート。スムーズに話を進められるよう、予約内容をしっかり頭に入れておくようにしましょう。

3.利用の際の手続き

ハワイに着いたら、レンタカー会社の営業所で手続きを行います。空港のターミナルに直結して営業所がある場合はそこで手続きをし、離れた場所にある場合はレンタカー会社が運行しているシャトルバス(無料)で移動ができます。

営業所では、日本で予約をしている場合はバウチャー(予約確認書)・日本の運転免許証・国際免許証(持っている場合)・クレジットカード・パスポートといった必要書類を提出。バウチャーをもとに、日本で予約した内容をスタッフと一緒に確認します。

4.返却の手続き

空港の営業所にレンタカーを返却する場合は、「Rental Car Return」という道路標識に従って走行すれば返却場所に到着できます。営業所では、スタッフが車の傷やへこみの有無、ガソリン残量などをチェックし、OKが出れば控えのレシートを受け取って終了。日本のレンタカー会社のように、こと細かに車の傷をチェックされるということはありません。

その後はレンタカー会社のシャトルバスを利用して空港の出発ロビーまで移動しますが、荷物が多いと乗り込むときに大変。その場合は出発ロビーの前にレンタカーで乗り付け、荷物と同乗者を降ろしてから返却した方がスムーズでしょう。ただし、ハワイでは駐車違反の取り締まりが厳しいため、レンタカーから運転者が離れないよう気をつけましょう。

ハワイでレンタカーを借りるなら? おすすめ比較サイト3選はこちら
ハワイでレンタカーを借りるなら?おすすめ比較サイト3選
TOP