HOME » 貴方の不安を取り除く ハワイで初めてのレンタカーご利用ガイド » レンタカーを借りてから返すまで

レンタカーを借りてから返すまで

ハワイでのレンタカーの借り方・返し方を、順を追って詳しく説明しています。

ハワイでのレンタカーの借り方ガイド

ハワイでの移動には、断然レンタカーがあった方が便利!こちらでは、ハワイで初めてレンタカーを利用しようと思っている方のために、借り方・返し方を1から詳しくご紹介しています。

ハワイでレンタカーを借りるには特別な手続きは必要なく、日本の運転免許証があればOK。手続きの流れについても日本国内とほとんど変わりませんので、あまり難しく考えなくて大丈夫ですよ。

1.予約

ハワイに着いてからでもレンタカーを借りることはできますが、オンシーズンの場合は予約でいっぱいになっていることも多いため、借りられる車がない・希望の車種がないといったケースもしばしば。こういったトラブルを避けるためにも、あらかじめ日本で予約を済ませておくと良いでしょう。日本から予約した方が、保険などがすべて込みになったパックプランも多くてお得です。

2.出発時の手続き

予約が完了したら、レンタカー会社から送られてくるバウチャー(予約確認書)を印刷しておきます。現地の手続きで必要なものは、このバウチャーと日本の運転免許証・国際免許証(持っている場合)・クレジットカード・パスポート。スムーズに話を進められるよう、予約内容をしっかり頭に入れておくようにしましょう。

3.利用の際の手続き

ハワイに着いたら、レンタカー会社の営業所で手続きを行います。空港のターミナルに直結して営業所がある場合はそこで手続きをし、離れた場所にある場合はレンタカー会社が運行しているシャトルバス(無料)で移動ができます。

営業所では、日本で予約をしている場合はバウチャー(予約確認書)・日本の運転免許証・国際免許証(持っている場合)・クレジットカード・パスポートといった必要書類を提出。バウチャーをもとに、日本で予約した内容をスタッフと一緒に確認します。

4.返却の手続き

空港の営業所にレンタカーを返却する場合は、「Rental Car Return」という道路標識に従って走行すれば返却場所に到着できます。営業所では、スタッフが車の傷やへこみの有無、ガソリン残量などをチェックし、OKが出れば控えのレシートを受け取って終了。日本のレンタカー会社のように、こと細かに車の傷をチェックされるということはありません。

その後はレンタカー会社のシャトルバスを利用して空港の出発ロビーまで移動しますが、荷物が多いと乗り込むときに大変。その場合は出発ロビーの前にレンタカーで乗り付け、荷物と同乗者を降ろしてから返却した方がスムーズでしょう。ただし、ハワイでは駐車違反の取り締まりが厳しいため、レンタカーから運転者が離れないよう気をつけましょう。

ハワイでレンタカーを借りてみたいけど・・・

ハワイでは交通手段としてバスやタクシーがメインとなるため、レンタカーを借りると行動範囲も広がり、自分のペースで自由に行きたい場所へ行けるのでおすすめです。

ですが、日本で借りる場合とどんなことが違うのか、海外で初めてレンタカーを利用する場合はわからないことも多いものです。ハワイでレンタカーを借りたときに戸惑いがちなポイントには、どんなものがあるのかご紹介します。

どこの会社でレンタルしてよいかわからない

ハワイでレンタカーを申し込むにあたって、最初の入り口であるレンタカー会社選びで戸惑ってしまうことは、実はよくあります。海外で車を借りるのが初めての場合、保険や現地での交通ルールなど不明なことも多く、レンタル料の相場などもよくわからなかったりします。

相場や現地での注意点など、後で後悔しないためにも、焦ってすぐに決めてしまわず、ハワイでレンタカーを申し込める会社を複数比較できるサイトなどで値段やプラン内容などをいくつか確認して決めるのがおすすめです。

車が古い、またはボロい

ハワイに限らず、アメリカや他の国へ行くと、びっくりするような古い車が平気でたくさん走っています。海外の人は車について「動けばいい」と考えているようなところがあり、日本人のように雨ジミを気にしたり、毎回ワックスをかけて磨いたりといったことはあまりやりません。そのため、傷がついていたり多少凹んだりしていても、気にせずそのまま乗っています。

レンタカーを借りる際も、日本のように新車同然の車が来ると考えていると、中古車市場でもなかなかお目にかかれないような車が配車されてきて戸惑うことがあるでしょう。運転に支障があるほどのダメージなら別ですが、走行距離が長かったり、窓や車内が多少汚れていることはよくあります。

車が大きい

ハワイのレンタカーでも日本製の車を借りることはできますが、せっかくなら普段乗る機会のない米国製の車、いわゆる「アメ車」に乗ってみたいと考えている人は、車の大きさに注意が必要です。日本製のコンパクトな車に慣れていると、セダンもSUVも米国製の車は予想以上に大きいです。

左ハンドルは慣れるのにそこまで時間はかかりませんが、はじめてアメ車を運転する場合、車幅の大きさに慣れるのに時間がかかり、駐車や出庫に手間取ってしまうことがあります。

保険の種類がよくわからない

ハワイでレンタカーを借りる場合、加入する保険についても戸惑ってしまうことがあります。既に海外へ渡航するにあたって別の保険へ加入している場合、レンタカーを借りる際に申し込まなくてもカバーされている内容がないかなどをチェックした方がよいでしょう。

現地で保険の手続きをしようとすると「現地ではちょっとした医療費でも数百万になる可能性がある」「アメリカは訴訟社会だから、ちょっとした事故で高額な賠償を請求されるかも」等と脅かされて、ついついフルパック加入してしまい、後で保険料の割高さに後悔することもあります。

とはいえ、保障額や対人・対物と車両の保険がカバーできているかなど、万一に備えて加入する保険を選ぶことは大切です。保険と車のレンタル料が込みになったパックプランもありますが、カバーされる内容や保証金額などがわかりやすく、丁寧に説明してくれる会社でのレンタルをおすすめします。

道に迷った

ハワイがはじめての海外旅行で、空港に到着した直後にレンタカーを借りてワイキキまで運転しようとする場合も、戸惑うことが多いでしょう。当然ですがハワイでは標識や案内版も全て英語表記のため、走行しながら確認しようとしても見落としてしまったり、細かいタイミングがわからず違う道を選んでしまうこともあります。

特に長時間飛行機に乗って疲れているときは注意力も散漫になり、左折時の車線変更など、慣れない道を運転して更に疲れてしまう可能性もあります。まずはタクシーや送迎サービス、バスなどを利用して、乗車しながらハワイの道路を走る感覚をつかみ、旅の疲れも取れて慣れてきた翌日以降にレンタカーを借りた方がよいかもしれません。

もちろん、海外旅行の経験があり、車の運転が苦ではない場合はこの限りではありません。ハワイの道は日本ほど混雑していませんし、人によっては案外すんなりとホテルまで到着できる場合もあります。基本的にホノルル空港からワイキキまでは海岸線をほぼ1本道なので、方向さえ間違わなければ迷うことはないでしょう。

まとめ

ハワイで実際にレンタカーを借りると、最初は戸惑うこともありますが、1度慣れてしまうと、レンタカーなしのハワイ旅行は考えられない、と思うほど快適です。海外での経験は戸惑うことがあってもよい思い出となるものです。ハワイ旅行を検討しているなら、レンタカーの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

ハワイでレンタカーを借りるなら? おすすめ比較サイト3選はこちら
ハワイでレンタカーを借りるなら?おすすめ比較サイト3選
TOP