HOME » 貴方の不安を取り除く ハワイで初めてのレンタカーご利用ガイド » ハワイのガソリン事情を知っておこう

ハワイのガソリン事情を知っておこう

レンタカーを借りた際のガソリンのルール

日本でレンタカーを借りた場合、ガソリンは安いスタンドで満タンに入れて返すことがほとんどでした。走行距離から計算してレンタカー会社でガソリン代を払うのは割高で損をした気がしましたが返却の時間に迫られて時間が無いときなどはしかたなくそうしました。

今度のハワイ旅行でレンタカーを借りる予定なので、ハワイのレンタカーも満タン返しなどのルールがあるのかなど調べてみました。

ハワイでレンタカーを借りた場合のガソリンに関するルールは、基本的には3タイプあるようです。

  1. タンク分を前払いで買う(fuel service option)
  2. レンタカー会社が返却後入れてくれる(Return empty)
  3. 自分で満タンにして返却する(Return full)

です。

簡単に説明すると

1.は、最初からタンクに入っているガソリンを購入し、レンタカーを返すときは給油せずに返却というものです。fuel service optionの頭文字から、FPOと言われています。自分でガソリンを入れなくて済むので楽です。

ただし、数日の滞在ではおそらくガソリンを使い切ることができずに返すことになるので損な気がします。

2.は、レンタカー会社が入れるので自分で入れなくて済むので楽です。そして、ガソリン代は割高に設定されているので日本と同じに損です。

3.は、自分で満タンにして返却します。やはりこれが一番経済的なようです。

日本のレンタカーはガソリン満タン返しだけどハワイもほぼ同じのようです。しかし1.は日本では見かけないシステムかもしれません。ハワイでレンタカーを借りるときには、料金プランのところにFPOと記載されているようです。この記載があるプランであれば満タン返しをしなくてもよいということになります。

誰でも余計な出費はしたくありませんし、ガソリン代もできるだけ安く済ませたいと思うことでしょうが、それぞれのシステムにメリットデメリットがあるようなので、調べてみたことをまとめてみたいと思います。

3.の満タン返しのメリットとしては、レンタカー代金の上乗せになるFPOのオプション料金がかからないため1週間程度の旅行であればガソリン代と比較して、実質満タン返しの方が安く済むケースが多いというもので日本と同じです。

エイビスレンタカーのFPOが含まれていないプラン¥27,600/週を見てみると、

保険は・LI(対人対物補償)

  • LDW(車両の損害保障制度)
  • 走行距離無制限というのが付いています。

保険は最低限なのでオプションの追加出費と税金は必要になりそうです。

そして、1.の損だと思われる満タン返し不要FPOも調べてみると結構メリットあることがわかりました。

バジェットレンタカーFPOが含まれている、こみこみプラン¥43,900/週を見てみると、

保険は・LP(強制加入の保険)

  • LDW(車両の損害保障制度)$ 101.82 / 1日~
  • SLI( LIと同じ対人対物補償)$ 13.99 / 1日~
  • PAE(搭乗者傷害+携行品保険)$ 6.99 / 1日~
  • ESP(緊急医療保険)$ 5.00 / 1日~
  • 州税(料金の4.712%)
  • 車両税 $ 7.5 / 1日
  • 車両登録料 $ 1 / 1日
  • 空港使用料(料金の11.11%)
  • 追加ドライバー料金(1名分)$ 12 / 1日~
  • ガソリン満タン返し不要(FPO)
  • アンダーエイジドライバー料金2,240円~3,360円+税 / 1日
  • 2,240円~3,360円+税 / 1日×7日=15,680円+税~23,520円+税

比較してみるとレンタカー会社ごとに魅力的で厳選された内容のプランがあることがわかってきました。25歳未満でしたらアンダーエイジドライバー料金が込みだと両プランの差額の16,300円に相当し、かなりお得感があります。

その他にも、不慣れな土地でガソリンスタンドに行く必要がないというのが一番大きなメリットではないでしょうか。たとえばワイキキ周辺の道は、ほとんどのストリートが一方通行なので、うっかりガソリンスタンドを通り過ぎても戻れませんし、曲がりそこねたらワイキキの端までいってしまうなんてことになります。それと、給油です。ハワイのガソリンスタンドは、セルフがほとんどと聞いていたので問題視していませんでしたが、日本で発行されたクレジットカードが使えないためガソリンスタンドの店員さんとのやりとりが不可欠になります。苦手な英語をできるだけ使いたくないのでFPOがとても便利なシステムに思えてきました。

レンタカー会社ごとでFPOのプランをリストアップし、それぞれを比較してみると

レンタカー会社 ガソリン満タン返し
不要FPOプラン名
FPOプラン
/週
FPOプラン
/日
通常で7日の
料金
ダラーレンタカー EPO他 らくらくプラン ¥40,600 ¥9,900 ¥21,700
バジェット
レンタカー
こみこみプラン ¥43,900 ¥10,700 ¥24,500
アラモレンタカー ゴールドプラン ¥34,380 ¥8,400 ¥30,700
ニッポンレンタカー アロハNo1クーポン ¥55,440 ¥11,100 FPOプランのみ
ハーツレンタカー パッケージプラン ¥45,100 ¥11,100 ¥24,400
エイビスレンタカー ウルトラパック ¥42,400 ¥11,100 ¥27,600

各社ともプランに特典があり、一概に金額で比較することは難しいのですがガソリン満タン返し不要FPOプランの中にはロードサービスが付いているものや支払いが面倒な細かい税金(州税、車両税、車両登録料、空港使用料)各種保険、走行距離無制限などを込みにしている料金設定が多くFPOを含むプランは便利で納得できる料金という印象に変わりました。

ガソリンスタンドでの注意点

日本で車に乗っている方の多くは、セルフ式ガソリンスタンドが一般的なので自分で給油することに慣れていると思いますが、ハワイで戸惑わないようにガソリンスタンドでの注意点をいくつか調べてみました。

日本での給油に慣れていても、最初に戸惑うのはハワイのガソリンスタンドでは日本のクレジットカードは、ほとんど利用できないことではないでしょうか。10年くらい前までは日本のクレジットカードも問題なく使えていたのですが、現在はアメリカ国内で発行されたカードにのみ対応しているため無条件にZIPコードの入力が求められキャッシャーで精算しなければなりません。

※「INTERNATIONAL」と表示されているところでは日本のカードにも対応しているのでZIPコードは求められません。

ガソリンスタンドに入って、給油機の前に車を止めたら、まずキャッシャーへ行き利用する給油機の番号と現金かカード精算なのかを店員さんに伝えクレジットカードを渡すと、スタンドをオープンしてくれるので、入れ終わった後に再びレジに行き、あとから不足分・過払分は清算します。現金の場合は何ドル分いれたいか伝え、お金を渡します。このとき社内の荷物の盗難にあわないために短時間でも施錠はしたほうがいいです。

すでにお気づきの方もいるかもしれませんが、これらの会話を英語で済ませなければならないので、それが心配でガソリン満タン返し不要FPOプランを利用される方も多いということです。小さなお子さんがいる場合なども社内に置いていけませんから大変ですよね。

さて次の難関は、日本と違うガロン表示とガソリンの呼び方が違うところ。しかし、特別な車や高級車をレンタルしている場合を除き、レンタカーの場合は日本と同じレギュラーで大丈夫です。心配な方はレンタカーを借りるときにお店で確認したほうがいいです。

給油口のキャップを外して給油します。日本と同じで満タンになると自動的にストップされるので満タンにしたい場合はグリップを握ったまま自動でストップするのを待っていれば大丈夫です。決まった量入れたい場合も、日本と同様メーターを見ながらグリップを握り、その数字が表示された時にグリップを離します。

ハワイの1ガロンは約3.8リットルです。お店の看板のガソリン価格も約4リットル当たりの値段が表示されていると考えれば何ドル分いれたいかお店の人に伝えるときに計算しやすいです。

ちなみに油種ですが、レギュラーは日本のレギュラーと同じ。スーパー(またはプラス)がハイオクでオクタン価約89、プレミアムがオクタン価91~94で日本のハイオク相当です。レギュラーからスーパーに行くにつれて価格が上がっていきますが、これはオクタン価のちがいです。エンジン性能の低下、極端な場合はエンジンブローしてしまう事もあるそうなので、間違えないように気を付けましょう。

ガソリンスタンドで使える英会話

日本からの旅行者の方の多くは、ガソリンスタンド併設のコンビニか店内レジまで行ってクレジットカードで精算、もしくはお店のレジに前金を預けての現金精算をします。

車を停めてロックしたら自分が停めたスタンドの番号pump numberを確認してください。

では、最初にカードでガソリンを入れることを店員さんに伝えます

カードでガソリンを入れる場合は、

Can you open pump No.(自分のスタンドの番号)?

〜番のスタンドを開けてもらえますか?と言ってクレジットカードを渡し、そのスタンドをオープンしてもらいます。

現金の30ドル分の場合は、

Thirty dollars on pump number(自分が停めた番号) , please.

と言って30ドルを渡します

車に戻りガソリンの種類を選び給油します、入れ終わったら、タンクを締めてレジに清算に行きます。

カードの場合は、

Check on Number自分のスタンドの番号、please.

と言って清算します。

〜番のスタンドの精算をお願いします

現金ならば

Change on Number

自分のスタンドの番号, please.と言って不足支払いか、おつりをもらいます

決済がおわると金額が書かれたレシートをくれます。

ところで、ガソリンスタンドが見つからなかったら?道を聞かなければなりませんよね。

Is there a gas station nearby?

近くにガソリンスタンドはありますか?と聞いてみましょう。

ガソリンスタンドで対処してもらえそうな困りごとの場合は

Could you show me how to use the pump?

ガソリンの入れ方を教えてください。ポンプの使い方がわからないときに使えます。

パンクかな?と心配になったら

Could you check the tires?

タイヤを調べてください。

お手洗いを借りたいとき

Can I use the restroom?

トイレを貸してください

エンジンがかからないとき

The engine doesn’t start.

エンジンがかかりません。

インロックしてしまったとき

I happened to get locked out with leaving the key inside.

キーを中に入れたまま車を閉めてしまいました。

ハワイでレンタカーを借りるなら? おすすめ比較サイト3選はこちら
ハワイでレンタカーを借りるなら?おすすめ比較サイト3選
TOP