HOME » 貴方の不安を取り除く ハワイで初めてのレンタカーご利用ガイド » ハワイのレンタカー利用に必要な保険の種類

ハワイのレンタカー利用に必要な保険の種類

ハワイでレンタカーを利用する際に必要な保険の種類と、選び方について解説しています。

レンタカーを借りるときの自動車保険を知ろう

このページでは、ハワイでレンタカーを借りる際に加入すべき保険の種類について解説しています。ハワイでの運転に関して、日本国内で加入している自動車保険は補償の範囲外です。どういった保険があるのか、どの保険に入っておいたらいいのかを、前もって確認しておくようにしましょう。

海外で運転するなら保険確認は大事

ハワイでレンタカーを利用するのであれば、保険には必ず加入することが大事。「ちょっとしか運転しないから」「運転に慣れているから」などと油断して保険を疎かにすると、万が一のときに満足な補償を受けられず、せっかくの旅行が台無しになってしまいます。

レンタカーの保険には、強制的に加入するLP(自動車損害補償賠償保険)の他にもさまざまなものがあり、基本的にはオプションとなります。保険もレンタカー会社によって内容が異なるため、事前にどんな補償を受けられるのかを確認しておくことが大切です。

もし保険の内容の違いがよく分からない…といった場合は、対人・対物・搭乗者・車両に関する保険をフルカバーできるプランを選んでおくと安心。もちろんお金はかかりますが、安心を買うと思えば安いものだと思います。

レンタカー契約時に加入する保険の種類

レンタカーを契約する際、必ず入らなければならない保険は以下の通りです。

LP:自動車損害補償賠償保険

LPとは、自動車損害補償賠償保険のこと。日本の自賠責保険にあたる対人・対物保険で、一般的にはレンタカー料金の中に強制的に含まれています。しかし、補償限度額は対人1人につき$20,000、対人1事故につき$40,000、対物1事故につき$10,000と低めの設定となっているため、追加保険の加入は必須です。

任意で追加加入できる保険の種類

強制保険であるLPの他に、任意で追加加入できる保険があります。アメリカでは交通事故により思わぬ高額請求をされることも多いため、安心を購入すると思って加入しておきましょう。費用は1つの目安となっており、レンタル会社・プラン・車種などによって異なります。

SLILISEPALI:追加自動車損害賠償保険

・1日あたり$10~13ほど
LPの補償限度額をアップする追加保険で、レンタカー会社によって名称が異なります。これに加入すると対人・対物の補償額が$1,000,000となるため、必ず加入しておくことをおすすめします。

PAI:搭乗者損害保険

・1日あたり$6~8.45ほど
契約者または同乗者が、レンタカーでの交通事故により負傷・死亡した際の補償。これに加入しておかないと、事故による負傷・死亡に関する補償は一切受けられません。ケガによる救急車の出動費や医療費もまかなえるので、こちらも加入することをおすすめします。

PEPPEC:携行品保険

・1日当たり$8前後
レンタカー車内にある所持品(現金・クレジットカードは除く)が、盗難・天災によって被害を受けた場合の保険。契約者および、その家族のみが有効となります。PAI(搭乗者損害保険)とセットになっている場合が多いですが、海外旅行保険などに付帯している傷害保険・携行品特約でもカバー可能。

LDWCDW:自車輌損害補償制度

・1日あたり$27前後
レンタカーの車両が損傷した際、その修理代金を補償する制度。これに加入していないと、車の損傷部分に対する修理代を負担する必要があります。損傷の程度や車種によっては何十万~何百万単位の請求がくることもあるため、入っておいた方が安心です。

クレジットカードで対応できる保険

クレジットカードに付帯している保険の適用範囲をしっかりと把握することで、「もしも」のときに備えることができます。ですが、補償内容をすべて覚えるというのは、現実的ではありません。ポイントを押さえておけば、緊急時の状況に合わせてスムーズな対応ができると言えます。ここでは、レンタカーに適応されるクレジットカード付帯保険について紹介するので、参考にしてみてください。

クレジットカードに付帯している保険の補償範囲

万が一のときに適用されるのは、旅行先でのトラブルやケガによる医療費を補償する「海外旅行傷害保険」になります。そのうち、レンタカーでの事故の際に適用されるのは3つの保険内容です。

傷害死亡・後遺障害…事故で死亡または、後遺症障害が残った場合の補償

適用されるケースは、信号待ちで停車中に追突されたり、制限速度内で走行している際にぶつけられたりした場合のみです。

信号無視をして起こした事故や飲酒運転をして事故を起こした場合などの「故意」や「重大な過失」に該当する場合は適用されないので注意してください。

傷害治療費用…事故でケガをした場合の治療費

レンタカーを運転しているときの事故によって、治療が必要になった場合に補償されます。治療費に加え入院費にも適用可能。こちら保険も「故意・過失」によるケースは適用外になるので気をつけましょう。

携行品損害…携行品(持ち物)が盗難・破損した場合の補償

車内に置いていた携行品が盗難や破損の被害を受けたときに適用されます。ただし、「キーロックを忘れていた」「バックを車内に置きっぱなしにしていた」などの場合は、適用されません。

海外旅行保険がついているクレジットカード会社3選

三井住友

旅先での病気やケガはもちろん、携行品の破損や盗難、法律上の賠償責任を負ってしまった場合なども補償。24時間365日いつでも日本語でサポートしてくれる「緊急アシスタントサービス」もあります。自動付帯サービスが付いているカードなら、事前の申し込みは必要ありません。

エポス

病気やケガで入院したり、持ち物が壊れたりした場合に実際にかかった金額に対して最高270万円まで補償。たとえば、旅先でよく使うデジカメ。仮に落として壊した場合にも、範囲内の金額で保険が適用されます。1度の旅行につき最長90日間の補償期間あり。

セゾン

国内旅行はもちろん、海外旅行の事故で発生した賠償責任について、最高3,000万円まで補償してくれます。治療・疾病治療費用に関しても300万円まで支払い可能。ほかにも、携行品損害や救援者費用等に対応しているのもおすすめポイントです。

もしものときに備えて任意保険にも加入しましょう

注意してほしいのは、クレジットカードに付帯している保険に「レンタカー専用の保険は存在しない」ということです。付帯する保険はすべて、重大な過失や故意であると認められた場合は適用外となってしまいます。また、想定外の事故にもかかわらず保険が適用されない場合もあるのだとか。たとえば、「持病の発作が原因の事故」「交通規則を勘違いしてしまって逆走」…などが挙げられます。

こういった不足の事態を想定した補償が用意されている任意のレンタカー保険に加入していれば、予期していない事故に備えられるので安心。命にかかわる重大な事故はもちろん、「軽く擦ってしまった」「バックの際にバンパーをぶつけた」といった軽い事故にも対応可能です。レンタカーの事故に特化した保険に加入することで、楽しい海外旅行を満喫しましょう。

万が一に備えて

「保険に加入したから安心」と思わず、保険が適用外となる条件についてもきちんと確認しておきましょう。基本的に、契約内容・保険規約・交通法に違反して起こした交通事故などについては保険の対象外となり、適用されません。知らなかったでは済まされないため、必ずチェックしておいてください。

ハワイだけでなく海外でレンタカーを利用する場合は、ロードサービスにも加入しておいた方がよいでしょう。ロードサービスとは、エンジントラブル・パンク・バッテリー上がりなどのトラブルが起きた際に適用されるもの。万が一の際は、受付窓口に電話をすれば適切な対応を受けられるので安心です。

ハワイでレンタカーを借りるなら? おすすめ比較サイト3選はこちら
ハワイでレンタカーを借りるなら?おすすめ比較サイト3選
TOP