HOME » 貴方の不安を取り除く ハワイで初めてのレンタカーご利用ガイド » ハワイでの車上荒らしや盗難が心配な方へ

ハワイでの車上荒らしや盗難が心配な方へ

安全?大丈夫?ハワイの車事情

ハワイって安全?

ハワイは外国です。どの国に旅行しても、しっかり自己管理を行うことが大切。

日本とはルールや諸事情が異なる点をしっかり理解して行動しましょう。

ハワイの治安

レンタカー

ハワイの情報を調べているとよく目にするのが「車上荒らし」です。

ハワイでは車内に貴重品を置いたままにしないことが鉄則。

特にハワイ到着日はホテルにチェックインするまでの時間が長いということもあり、そのままレンタカーで出かける場合も多いので要注意です。

レンタカーは車種やナンバーである程度判断がつきます。ですから、すぐに旅行者が乗っている車というのがバレてしまうのです。

また、ハワイでも特に有名なワイキキ・アラワイ運河沿い・深夜のアラモアナ方面は、人通りも少なく何かあっても助けを求めづらい場所にあるので注意が必要でしょう。

ハワイで車上荒らしを防ぐには?

ハワイでレンタカーを借りる上で最も気をつけなければいいけないのが、車上荒らしです。

なんとハワイでは1日20件も発生しているといいます。狙われるのは、お金を持って居そうな観光客。

日本人は最も良いカモだと言われています。

では、車上荒らしを防ぐためにはどのようなことに気をつければいいのでしょうか?

ナンバーでレンタカーだとバレている

日本でもレンタカーには「わ」という表示があるように、ハワイでも見る人が見ればレンタカーであるということは必ず分かるようになっています。

観光客が使うレンタカーは車上荒らしに狙われやすいので、以下のことを十分に注意するようにしましょう。

とにかく車の中に物があると思わせない

とにかく、何がなんでも車の中に物を置かないというのが鉄則です。

車の中にあるものが、あなたにとって価値がないもの、貴重品ではないものだとしても、車の鍵は簡単に破られ、全て盗まれてしまいます。

車を離れる際は全てトランクに入れるようにしましょう。例えば、バスタオル1枚、エコバック一個で遭っても窓から見えるところにおいてはいけません。

そのバスタオル1枚で日本人と思われてトランクまで開けられてしまったり、実際の被害はバスタオル1枚だとしても車の鍵を壊されれば警察を呼ぶ必要があり、せっかくの楽しい旅の時間が台無しになってしまいます。

ナビは持ち歩く

ハワイでのドライブにナビは必須ですが、車を離れるときは、ナビは取り外し、座席の下に隠すのが安全です。

とくにipodなどをカーナビとして使用している場合には絶対にそのまま車を離れるようなことがないようにしましょう。

駐車する場所を選ぶ

駐車する場所を選ぶこともとても重要です。セキュリティが巡回して居て、防犯カメラが多数設置してあるような駐車場を選ぶのがオススメです。

薄暗い場所や、夜の路上駐車も危険なのでやめましょう。

また、ウミガメの産卵スポットや、美しいビーチとして日本人に人気のある海辺、観光客に人気のショッピングセンターの駐車場なども、日本人観光客を目的とした窃盗団が待ち構えているので十分注意が必要です。

バックで停めるのは日本人だけ!

駐車をする際、ついつい日本にいる時の癖でバック駐車をするのはとても危険な行為です。

現地の人たちはバックで駐車することはないので、一発で観光客・しかも日本人だとバレてしまい、格好の標的にされてしまいます。

駐車する時には、場所を選んで頭から突っ込んで駐車するようにしましょう。

車から離れる前にトランクに物を入れない

レンタカー

荷物は全てトランクにと前述しましたが、だからと言って目的地に到着した時に、荷物を整理して駐車場でトランクに入れるなんてことは絶対にやめてください。

それは、トランクに荷物が入って居ますよ!と教えているような行為です。

基本的にトランクを開けるのは出発する時だけ。到着した時に手に持っている荷物はそのまま全部持って出るか、座席の下など絶対に見えない場所に隠すようにしましょう。

ビーチに行く時には・・・

ハワイでレンタカーを使用してビーチに行くというシチュエーションは多いでしょう。

日本で海に行くときは、荷物は駐車場で整理して、必要なものだけ持ってビーチに行きますが、ハワイでそれをしたら一発アウトです。

水着は服の下に着た状態で、海に持って行くものは、車に乗る時点で全て手元に持ってから出発しましょう。

海の中に持って入れるような財布に小銭とクレジットカードを携帯します。

カメラは防水のポーチなどを持っていると安心です。

ビーチでは荷物番が一人残ると安心ですが、やむをえず何か荷物をビーチに置く時にはライフセーバーの近くに置くようにしましょう。

憧れのコンバーチブルに乗るときは?

ハワイでレンタカーを借りるなら、絶対オープンカーに乗ってみたい!と考えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

実際屋根の開閉ができるコンバーチブルは観光客に非常に人気が高い車種です。

そう、「観光客にとても人気が高い」んです。現地の人、ハワイ在住の人でコンバーチブルに乗る人はまず居ないといいます。

日常的な日差しの強さに暑さ、頻繁に起こるスコールなどもあり、車を移動手段と考えているハワイの人たちには利用されないのだそう。車上荒らしをする側から見ても、コンバーチブル=観光客という図式が出来上がっているので、屋根を閉めた状態でも、狙われやすくなります。

また、ハワイで駐車する時には荷物はトランクに入れるのが鉄則ですが、コンバーチブルタイプは屋根を収納するスペースがトランクにあるので必然的にトランクのスペースも少なくなります。

荷物を少なく、トランクに入るものだけしか持ち歩かない!というのが鉄則です。

トラブルに遭ってしまったら必ず警察を!

必ず警察を呼び、ポリスレポートを受け取るようにしましょう。

これがないと、レンタカー会社への届け出や、保険の請求、パスポート再発給などができなくなることがあります。

実際にあった車上荒らしの経験談

友人4~5人でラニカイに行き、ビーチの駐車場に車を停めて写真を撮るために5分ほどその場から離れたそうです。

戻ってきたら窓ガラスを割られ、中の荷物が全て持っていかれていたという話があります。

ハワイでは少しの時間でも、その場から離れる際は荷物を守る人を決めるか交互に写真を撮るといったルールを決めた方が良いでしょう。

また、現地のガイドもホノルル市内のスーパーマーケットで車上荒らしの被害にあったそうです。

夕方の混雑時、駐車スペースが空いていたのは、店内入口に1番遠い公道側。買い物から戻ってみるとカギ穴に何かを差し込んでこじ開けられた形跡がありました。

シートの下に隠していたサブバッグが消えていたとのこと。こちらは保険に加入していたことで被害は最小限に抑えることができたそうなのですが、人目に付きにくい場所に車を停めてしまったことが原因と考えられますね。

さらに、ハワイ在住20年以上のベテラン日本人でも車上荒らしの被害にあっています。

アラモアナショッピングセンターで、約20分の用事を済ませて戻ってきたら窓ガラスが割られていたそうです。

注意する点

このようにハワイでは確かに車上荒らしが多発しています。

しかし、駐車する場所や駐車の仕方を考えて停めるだけでも、被害にあうリスクはかなり低くなるでしょう。

例えば、同じ駐車場内でも人目に付きやすい場所やセキュリティーが巡回している場所に停めること。現地の悪い人は日本人の車の停め方にも目を光らせています。

また、駐車するときは車をバックで停めない。これも鉄則です。こういったことを意識しても車上荒らしの被害にあわない可能性はゼロではありません。

レンタカーの場合、万が一を考え保険に入っておくとさらに安心度が増しますね。レンタカーは自分の行動範囲を広げてくれる大切な手段といえるでしょう。

それを上手く活用するためには、自分自身が気をつけること!万が一のために保険に加入する!ということが重要なのです。

ハワイでレンタカーを借りるなら? おすすめ比較サイト3選はこちら
ハワイでレンタカーを借りるなら?おすすめ比較サイト3選
TOP